御法事、各種法要などで、決まったお寺のない方のご相談をお受け致します。ご家族の身になってご相談を承ります〜

 

  HOME

  地蔵院縁起

  お願い地蔵

  八千代地蔵院

  市川地蔵院

  水子供養

  法 要

  永代供養

  出張供養

  行 事

  生前戒名

  インターネット法要

  写 経

  ペット供養

  地蔵ブログ

  霊 園

  Q & A

  法要申込欄

  質問受付

  水子供養用語

  ペット供養用語

  おしらせ

  リンク

地蔵院縁起

HP開設に当たって  - 平成14年12月12日開設 −

本日、12月12日は、私たち真言宗豊山派並びに智山派・新義派・室生寺派等にとって、新義派の祖といわれる興教大師覚鑁(1095〜1143)に対する報恩謝徳の為の法会を行う日である。私が所属している千葉県第5号仏教青年会では、毎年12月12日に会員のお寺をお借りして、法会を勤修している。もともとは、いろいろな人に対して報恩謝徳の為に行われていた事からこのHPを開設するに当たり、このHPが単なる寺院紹介の宣伝としてではなく、お地蔵様のご縁に接して頂き、多くの人々が手を合わせ、合掌して、心身ともに清らかに安らげる生活、先祖を供養するという敬う心を大切にして頂きたいと願うものです。 また、先祖から受け継いた、この命の尊さを感じて一生懸命悔いのない生き方をして頂きたいと思います。そして、今後、日本だけでなく、世界の人々との交流を深めて、皆と共に心から世界平和を祈念したい。  合掌

我們擁有世界。心中応充満和平与希望!
We are the world. Let’s cherish peace & hope always.

英文訳
 I would like you to feel weight of life kept a heart to worship ancestors because the person whom ancestors are not is the reason that is not alive carefully as far as I live instead of thing of HP of an introduction of a simple temple in a thing and the world to pray that I would like a lot of people to have a heart holding a service for.And, in addition toJapan, I deepen interchange with world people and want to pray for world peace.
 



『長谷寺本尊十一面観世音菩薩御影大画軸特別開帳のご案内』
 

日本最大の掛軸 50年ぶりの出開帳!!

関東では約半世紀ぶりの御開帳となりました。
このたび専誉僧正四百年・頼瑜僧正七百年御遠忌を記念し、秘蔵の日本最大の掛け軸「本尊十一面観世音菩薩御影大画軸」の出開帳を催すことになりました。
真言宗豊山派の祖である専誉僧正が入寂(にゅうじゃく)されてから平成15年で400年になります。専誉僧正は室町時代の亨禄3年(1530)和泉国に生まれ、大和郡山城主豊臣秀長公(秀吉の異父弟)の招きを受けて長谷寺に入山し復興をされ、真言宗豊山派総本山としての基礎を築きました。

本尊十一面観世音菩薩御影大画軸
長谷寺本堂に祀られる本尊十一面観世音菩薩立像をほぼ原寸大に描いていた大画軸である。右手に錫杖(しゃくじょう)、左手には水瓶(すいびょう)をもって方形の石(大磐石)の上に立つ姿は、「長谷型十一面観音像」といわれ、向かって右に難陀龍王(なんだりゅうおう)、左に雨宝童子(うほうどうじ) を配する。
大画軸の由来
は室町時代・明応4年(1495)に罹災した本尊復興にあり観音指図(設計図)を興福寺の絵師清賢が高野紙430枚を継いで描いたとする。これを江戸時代・寛文5年(1665)に本願院第65代秀海上人が、泉州堺の長谷寺秀政らと共に堺表で信施を受けて巨大な軸に仕立て、開山徳上人の命日3月2日から10日間「法華千部会」の本尊に用いた。現在までおよそ6回の修理された。本軸裏の裏打紙に約16,000名もの結縁者の名前がびっしりと書かれている。長谷観音の大画軸に対する人々の信仰の篤さがわかる。
日本最大の掛軸(縦16.5メートル・横6.2メートル)


『青少年研修会』

平成14年7月25〜26日:千葉県成田市・宗吾霊堂において青少年研修会を行った。青少年教化を目的とする研修会を千葉県第4号支所・千葉県中部支所共催のもと、児童39名の参加を得て開催致しました。私は今回、班付き指導員として初参加した。
私の所属する佛教青年会では様々な活動を通じて、世界平和・国家安寧・除災招福・戦没者慰霊・祈願・供養法要を行っております。


『全真言宗青年連盟第22回結集広島大会』

平成13年11月19日・20日:広島国際会議場・平和公園に於いて第22回結集広島大会が開催されました。全真言宗青年連盟は、宗祖弘法大師の教義を根底として、全真言宗青年僧侶が一丸となって、鎮護国家・済世利人の実践に邁進すると共に相互の理解を深め親睦、協力をはかる事を目的とする。


阪神淡路大震災 追悼七回忌  : 平成13年 1月17日 被災地で追悼の集い

『大般若波羅蜜多経転読会』

『大般若』六百巻は初期の大乗仏教の最も基本的な思想を説いている。
自然の災いを削除する事を目的として、降雨・止雨・治病・鎮護国家などの現世利益の為に奈良時代から行われている。また、『続日本紀』によると、文武天皇時に四大寺で初めて講読が行われ、元明天皇の勅命によって転読し、聖武天皇は宮中をはじめ、大安・薬師・元興・興福寺において、災障消除・国家安寧の為に行った。
この行事は21世紀への祈願として、千葉県中部佛教青年会が、千葉のホールで行ったものである。


『大般若波羅蜜多経転読会』

平成12年7月27日:富士山山頂において、護摩を焚き世界平和大祈願法要を行った。


『御影供』(みえく)

真言宗の開祖 弘法大師『空海』の御影を本尊として、その報恩の法楽を捧げるものである。
平成11年より八千代地蔵院住職が千葉県東葛佛教青年会〔現千葉県第5号〕の会長時代に発願して行なわれる様になった青年会の行事。


『地蔵菩薩について』

私の大学卒業論文です。
ご覧になりたい方はお問合わせください。


地蔵院だより

年4回 冊子にて『地蔵院だより』を発行しております。各種ご案内の他、ためになるお話も掲載しております。
 

メールを通じてお坊さんと交流を持ちませんか?日常生活の悩み・気付かない うちに溜まっていくストレスや考え事、疲れた心をほぐします

仏事等のお問い合せ・ご依頼は下記へ24時間受付中 フリーダイヤル 0120-037-076

法務中は電話に出ることができません。
メールjizou.kaneko@nifty.com)に
お名前、お電話番号、ご用件名を入れて
お待ちください。こちらから折り返させて頂きます。

   

お急ぎの場合は
携帯メールqgqcw962@ybb.ne.jp
へご連絡下さいませ。(1万字以内)

船橋地蔵院
:〒273-0021 千葉県船橋市海神1-21-22 Map

八千代地蔵院
:〒276-0033 千葉県八千代市八千代台南1-24-9
Map

市川地蔵院
:〒272-0802 千葉県市川市柏井町1−1012−3
Map

市川南霊園・梨香の郷
:〒272-0802 千葉県市川市柏井町2−1006−6
Map

 Jizouin.com     Site designed by uzukiya